バイアグラの副作用とは

ピンクの錠剤

バイアグラというED治療薬は日本の社会に浸透し、数えきれない程の男性たちを救っている海外製医薬品です。
EDを素早く治せる海外製医薬品として有名であり、ED治療薬の代名詞的存在になりました。
服用後、およそ25分から35分程の間に作用が生じていき、平均的な成人男性であれば、60分以内に性交可能な下半身が得られます。
一定の待ち時間こそ必要ですが、早い方だと30分程度でペニスが性的な刺激によって起き上がります。
またバイアグラの効力は4時間から6時間程続きます。
最初の勃起だけが支援されるお薬ではなく、その作用時間の間であれば何度でも勃起が促進されます。
即効性が強く持続力が弱いという口コミがありますが、平均で5時間位の間、性交可能な心身になりますから、通常の男女の営みであれば、ほぼ確実に満足行く結果が得られるでしょう。
バイアグラは健全な心と体力を持つ成人男性なら、毎回の性交前に服用出来るED治療薬です。
しかし、副作用がしばしば現れますので、服用者は必ず注意しなければいけません。
副作用として現れる確率が高めなのが、顔色の変化と充血、そして頭痛です。
バイアグラの効力を大ざっぱに言えば、血行の流れを変化させ、ペニスを勃起させやすくする事になります。
その作用が起きる過程で、顔が赤くなったり、目が血走ったようになる等の副作用が自然と現れます。
直接、体が悪くなるタイプの副作用ではなく、バイアグラの副作用はあくまで正常な働きの裏返しとして体調悪化が出るものです。
頭痛も現れる確率は比較的高めですので、バイアグラを飲んだ後は、車や自転車の運転は避けましょう。
ごく稀に光や色の感じ方が変化する、という副作用を感じる方々もいますので、
万が一のリスクに備えて、乗り物全般の運転は避け、外出も服用後は最小限に留めたいところです。

アーカイブ
人気記事一覧
  • 1
    ピンクの錠剤
    バイアグラの副作用とは 2018年11月27日 8 Views
サイト内検索
最近の投稿